コラム

メルカリを再開してみました

というのもプチプラの服を衝動買いしてしまい、すぐに飽きてしまったからです。フリマに出すには数が少なすぎるし、数ヶ月所有していると旬を逃してしまう流行りの服だからです。メルカリなら1点から出品できますからね。また、1回しか着ていないので捨てるにはもったいないと思いました。

それでメルカリで同じ商品を検索すると割といいお値段で売られていて、売れ行きもまあまあだったので久しぶりにメルカリに出品してみました。

私がメルカリを面倒くさいと思ったのは

①画像を4枚以内におさめないといけない

②説明文を書かなきゃいけない

③サイズを測らないといけない

④意味不明の値下げ交渉を断らないといけない

ところでした。特に④が大きなストレス。「値下げはしません」と書いていても値下げを要求して来る人がいるからです。それでメルカリから遠ざかっていたのですが、重い腰を上げてみると意外にラクに出品できました。その理由は

①画像は4枚しかアップできない→10枚までアップ可能に

②細かくなくてOK→不明点があればコメントで聞いてくる

③有名ブランドならサイズ感はネット検索すればいいからアバウトでOK

④丁寧にバッサリ切ればOK

2メートルだったハードルが半分にまで下がった感じです。

特に①は大助かり。今まで画像が5枚以上になるとアプリを使って4枚以内になるよう編集していましたが、その必要がなくなりました。私の場合、1点につき画像が10枚以上になることはないので、アプリ編集なしでアップロードできると手間がだいぶ省けます。

②と③は、汚れや傷の状態を書いて画像をつけておけば、有名ブランドならネット検索すればサイズは出てくるので、「Mサイズ 大きめ」などザックリ書きます。

分からないことがあればどうせコメントで聞いてくるので、出品時にいちいち測ることはやめました。聞かれたら測って答えるスタイルに変更すると、かなりラクちんになりました。

そして④。以前は大幅に値下げを要求してくる人たちが苦手だったのですが、いちいち細かく考えずに丁寧な言い方でバッサリ切ると、さほどストレスがないことが分かりました。まあ多少はありますが。おそらく相手も深く考えずに値下げを要求していると思うので、こちらも真剣に捉えずに丁寧にバッサリ切ればいいのです。

そして今回、意外にもアッサリ売れたので嬉しさ倍増でした。

やはり流行の旬の服だったので、ニーズが高かったのだと思います。

久々に出品してみて私の中のメルカリへのハードルが下がったので、家の中にある物をちょくちょく出品してみたいと思います。物を買いすぎるのはよくないと学習したばかりですが、流行りの服を着るのはやはり楽しいし、不用品を売却できるのは楽しいです。

だからといって買いすぎるのはよくないんですけどね。ほどほどにします。

ABOUT ME
アラキ
沖縄で気楽に生きてるアラフォー女性。アラキはペンネーム、生粋の沖縄県民です。 このブログは雑記ブログでヨガやジムの体験記、日々の所感をコラムとして書いています。iPhoneで撮った写真を販売してるのでよかったらのぞいてみてください。メニュー>写真販売から見られます。2019年こそは電子書籍出版したい。