コラム

またもやお風呂でのぼせた話

またもやジムのお風呂でのぼせてしまいました。実は私、この冬はこれで3度目です。
最初にのぼせて危険を感じた時こういう記事を書き、それ以来気をつけていたのですが、体調なのか私が鈍感なのかわかりませんが、またもやのぼせてしまったのです。

今回は

お風呂から上がって「あ」と思ったときにはもう立ちくらみを起こしていて、とっさに棚に捕まりましたが、そのまま数十秒ほど「ぼんやりしてるなあ」とだけ感じていました。このときすでに意識が飛びかけています。

やがて意識が戻ってきて飲み水のボトルを床に落としたままだという事に気がつきました。

ボトルを落とした事にも気づかなかったんですね。

周りの他のお客さんたちも気づかなかったらしく、私が棚に捕まって動けずにいる時も誰も声をかけてくれませんでした。さすがに床に倒れたら声をかけてくれるでしょうが、立ちくらみしただけではスルーされます。

別にそれはいいのですが、やはりこうなってしまったら意識がはっきりするのを待って自力で立ち直らないといけないようです。

こんな状態になるのはこの冬で3回目。お風呂の中でのぼせやすくなっているようで自分が心配になります。

調べてみるとお風呂でのぼせてしまうのはお湯や水圧で血行が良くなり、血が頭や全身ににいき、お湯から出ると急に圧が下がるので結果、血圧が下がって立ちくらみの状態になるらしいのです。

体調が悪かった?

このあとお風呂から上がって食事をして、数時間経っても頭の中にモヤが残ったみたいにぼーっとしていました。

入浴前にも水を飲み、入浴中にも水を飲み、心臓に水圧がかからないように半身浴をして、お湯に浸かるのも長くても10分以内にしていたのですが、それでものぼせてしまいました。

やはり体調かなと思ったのですが、その日は朝も昼もしっかり食べたし軽く筋トレもして、むしろ好調なくらいでした。

もしかしたら久々の筋トレ後にお湯に浸かったので、いつも以上に血行が良くなっていたのかな?と思いましたが…実際のところはよくわかりません。

何が原因かはわかりませんが、今後はお湯に浸かる時間を5分以内にとどめたいと思います。あとお湯から勢いよく出ないこと、少しでも「暑くて苦しい」と感じたらお湯から出ることにします。

せっかくリラックスできるお風呂タイムですから、なるべく不安をなくして気持ちよく入りたいものですね。気をつけます。

ABOUT ME
アラキ
沖縄で気楽に生きてるアラフォー女性。アラキはペンネーム、生粋の沖縄県民です。 このブログは雑記ブログでヨガやジムの体験記、日々の所感をコラムとして書いています。iPhoneで撮った写真を販売してるのでよかったらのぞいてみてください。メニュー>写真販売から見られます。2019年こそは電子書籍出版したい。