コラム

お風呂はやっぱり楽しい時間

お風呂大好きです。

去年からほぼ毎日のようにジムのお風呂に入っています。何がいいかというと、やはり大きな湯船があるということですね。水風呂もあるので交互浴もできます。

体と髪を洗って、たまにスクラブでケアして湯船と水風呂に交互に浸かっていると、私の場合血行が良くなって(*1) 足先まで温まります。交互浴を通常3セット繰り返すと、冬の寒い日でも入浴後数時間は全身ポカポカでした。(*2)

*1 このせいでのぼせやすくなってる可能性もあります。
*2 まあ沖縄なので冬の寒さは知れていますが。

サウナより湯船派

私の場合サウナはすぐに肌が乾燥しちゃうんですよね。以前ヨガスタジオで購入したバームを塗ってみたのですが保湿効果は実感できませんでした。それに私には暑すぎて長時間入っていられないのです。汗もあまりかかないので今の所サウナの良さは分からずにいます。

体を芯まで温めるにはお風呂で十分だと思っています。私はね。

お湯に浸かる習慣

これまで風呂なしアパートで10年以上暮らしていて、近所にもスパや銭湯などはなかったので、湯船に浸かる習慣はありませんでした。湯船は旅先のホテルなどで浸かるだけ。

それが昨年、家の近くにスポーツジムがオープンしたおかげで、月額制でお風呂がほぼ毎日のように入れるようになりました。ありがたいことです。今住んでいる地域にはジムは結構あるんですが、お風呂つきでお手頃価格のキレイな施設はあまりないのです。

ジムの休館日などはお風呂に入れないので自宅でシャワーで済ませます。それでもほぼ毎日のように大きな湯船でたっぷりのお湯に浸かれる時間は、至福といっても過言ではありません。

たっぷりの熱いお湯の中で足を伸ばして、腕をゆらゆらさせて、考え事をしたり空想に耽っている時間は贅沢だなあと感じます。

お湯LOVE

今の自宅にも湯船はあるのですが、個人宅の小さな湯舟と、ジムの大きな湯船ではやはり違います。

自宅では好みの入浴剤を入れたり、雑誌を読んだりできますが、ジムのお風呂はお湯の中で感じられる浮力や追い炊き機能のおかげでずっと冷めることのないお湯、リラックス効果を狙って調整されたであろう照明の明るさなどが程よいのです。

このお風呂に入るために月額1万円近い金額を出すのは間違いなく自分を労わることになっているよなあと自己肯定するのです。

のぼせには気をつけよう

私は過去何度かこのお風呂でのぼせて倒れそうになっていますが、まあそれは私の体調や不注意が主な原因だと思うので、そういったことに気をつけていれば、かなり快適な時間が過ごせます。

沖縄の人は湯船に浸かる習慣がないと言われてますが、たっぷりのお湯の中で過ごすひと時は格別なものですよ。

ABOUT ME
アラキ
沖縄で気楽に生きてるアラフォー女性。アラキはペンネーム、生粋の沖縄県民です。 このブログは雑記ブログでヨガやジムの体験記、日々の所感をコラムとして書いています。iPhoneで撮った写真を販売してるのでよかったらのぞいてみてください。メニュー>写真販売から見られます。2019年こそは電子書籍出版したい。