コラム

運動しているのに痩せなさすぎて食事を見直すことに

今日からコラム枠を設けて、雑記ブログらしい雑談や日々の徒然を書いていきます。

アイキャッチは写真ACで見つけてきました。春らしくて目立っていたので即ダウンロードしましたが、思った以上に可愛いらしくロマンチックな雰囲気になってしまいました。

アイキャッチとコラムの内容が大分違っていますが、まあ春なので許してください。

痩せないカラダ

前からブログでもちょこちょこ書いていますが私、1日置きに筋トレやストレッチをしているのに体型があまり変わらないんですね。

痩せなさすぎるのです。

厳密にいうと、数ヶ月前に比べて1キロほど体重は落ちているんですが、中身は体脂肪率が増えて筋肉量が落ちています。私の目標が「筋肉をつけてナイスバディになる」ことなので、この状態は痩せているとは言えないし、むしろ悪化しています。

一体、どうやったら体型を変えるることができるのか?脂肪はつくけど筋肉がつかない体のままで、この先一生を過ごすことになるのだろうか?

JDありがとう

そんな心配をしていたある日、ツイッターを見ていると現役女子大生が「ダイエットのために小麦を減らそうかな」という投稿をしていました。

ん?どういうこと?と思って調べてみると小麦にはグルテンというものが含まれていて、それが腸の中で悪さをし、運動のパフォーマンスやダイエットの邪魔をすることがあるらしいのです。

まさにこれ!私の状態とぴったり。小麦粉を使ったパンやパスタは大好きだし、加工食品もよく食べます。グルテンフリーについては聞いたことがありましたが、そうかそういう事だったのか、とそのとき初めて理解しました。

さては私が体型が変わらない理由はグルテンなのか?

本を読もう

そこでさらに調べていくといくつかの本に出会いました。

勝間式 超コントロール思考/勝間和代
運動指導者が断言! ダイエットは運動1割、食事9割[決定版]/森拓郎
『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事/津川友介』

読んでいくと共通して書かれていたのは

運動以上に (または同等に) 、食事が大切』ということ。

う〜ん、やはりそうなのか…。食事は重要というのは、以前聞いたことはあるけど、私は食事は変えなくても大丈夫だもーんとタカをくくっていました。だってこれまでは特に問題なかったから。
しかしやはり、現実として私の体型が変わらない・運動しているのに痩せないということは体に直接取り入れる食事の影響が大きいのかもしれないと思い、食事について考えてみることにしました。というより渋々食事を見直すことに。

加齢なる日々

30代前半までは通勤で歩くことが多かったので運動量もそこそこあったせいか、コンビニ食やジャンクフードを毎日のように食べていてもそれほど体型に変化はなかったのです。

しかし30代後半になってから車移動が多くなり、運度量も減ったせいか、または体内に蓄積していたグルテンや添加物など体に害を及ぼすものが影響力を放ち始めたのか、またはそれらに対して体の免疫や抵抗力などが落ちたのか(老化)わかりませんが、とにかく最近になって目に見えて顔や腹に脂肪がつき始めています。

やはり加齢には勝てないのでしょう。このまま、何もしなければ。

そう、私にはもう若さがない。かつてと同じ食生活では痩せるものも痩せないのかもしれない。いい機会だから食生活を見直そう・・・

情報収拾の結果、とりあえず主食を玄米にするところから始めてみることに。

がんばろう、食事改善・・・。

ABOUT ME
アラキ
沖縄で気楽に生きてるアラフォー女性。アラキはペンネーム、生粋の沖縄県民です。 このブログは雑記ブログでヨガやジムの体験記、日々の所感をコラムとして書いています。iPhoneで撮った写真を販売してるのでよかったらのぞいてみてください。メニュー>写真販売から見られます。2019年こそは電子書籍出版したい。