フリーマーケット

西原フリマ|フリマもSNSでの事前周知が効果アリな時代?売上報告

久々に出店した西原フリマ(西原マリンパーク)
年末ということもあって混むと予想しましたが、お天気がビミョーなせいか到着すると出店者はやや少なめ。

しかしお客さんは思った以上に来てくれて、意外にも結果は良好。

2018年最後のフリマレポートです。

西原フリマとは

沖縄県西原町、西原マリンパークで開催されるフリーマーケット。正式名称はkid’sも楽しいフリーマーケットです。真夏以外は第1〜4土曜日開催(雨天中止)、先着160台が車ごと出店できます。

初心者向けガイド|kid’sも楽しいフリーマーケット(西原フリマ)

 

寝坊した

この日、6時半出発の予定が6時半に起床。会場までは車で30分。経験上、西原フリマは7:30に会場に到着するとすでに出店枠の160台が埋まっていることが多かったので今からではもう遅い…と一瞬あきらめました

が、前夜は遅くまでタグ付けや準備をして着る服まで選んであるし、車に商品を詰んでいたのであとはもう出発するだけ。

なのでダメ元で行ってみることにしました。10分で身支度をして出発。メイクは現地ですることに。

2018年はもうフリマをする予定はないので悔いは残したくないなと。

ラッキー

7:30会場到着。出店者用入口の南駐車場には入場を待つ車の列が…。がーん、もしかして間に合わなかった?

心配しながらスタッフさんから紙を受け取ると90番台の番号が!手運び出店じゃない!やった間に合った!

天気もビミョーで雨が降りそうだったし、急に寒くなったせいで出店を躊躇する人が多いのかな?

と思ったけど、この日は浦添でチャリティフリマ、那覇でフードフェアのイベントがあったようです。そのせいか西原フリマに人が集まるのが遅かったみたい。

とりあえず出店できたのでラッキー。よーし頑張って売るぞー٩(๑•̀ω•́๑)۶

 

売上げ

早速ですがこの日の売上報告。出店料800円を引いて

売上 : 12,860yen

びっくり。私の西原フリマ最高記録更新じゃないですか。

久々のフリマだったので期待してませんでしたが、思わぬお小遣いになりました。なぜこんなに売上げがとれたのか?

それは商品の単価を高めに設定して、確実に売ったからです。

「この商品は状態もいいしこの値段でも買う人はいるだろう」と思っていたので、必要以上の値引きはしませんでした

 

売れたもの

今回、売上を取ってくれたのは主にこちら

  • 冬の台所用品(土鍋、蒸し器、ミキサーなど)
  • 家電(古いやつ)
  • そしてなんとMサイズの婦人服

【家電】 1000円前後で古い物でしたが、まだ動くし古くてもいいから欲しいという人はいるんですね。ここを値切りに応じず、値段の理由と商品の長所短所をきちんと説明したら納得して買ってもらえました。

【婦人服】 前々から言っているように西原フリマで売れる婦人服はLサイズ以上です。会場に来るお客さんの体型から自然とそうなるんですね。

S〜M服は需要がかなり少ないです。ではなぜS〜M婦人服が売れたのか?あとで説明しますね。

 

最初の1時間が勝負

これらが売れたのは9時〜10時までの間。スタートしてから1時間ちょっとでぽんぽんと売れていったので慌ただしく濃い〜い1時間でした。

出店スペースに停車したら素早くメイン商品から並べて、売れるものはさっさと売っちゃったほうがいいですね。


 

需要がありそうなもの

周りの店を見渡して需要がありそうなものに検討をつけてみました。

  • 子供服
  • ぬいぐるみなどのおもちゃ
  • Lサイズ以上の婦人服
  • 普通サイズ以上のスポーツウェア(ジャージなど)
  • ポリエステル系のバッグ
  • 家電(古くてもダサいデザインでも安くて動けばOKって人は多い)
  • 台所用品(季節ものなら尚良し)
  • 未開封の消耗品

 

見る人は多いけど売れなかったもの

  1. 婦人服S~Mサイズ
  2. 凝りすぎたデザインの服
  3. 通販ブランド(Zara,FELISIMO,DHOLICK,NOSTALGIA,etc)
  4. ニトリで買えるような食器
  5. 1000円以上のもの

手に取る人が多いけど購入までは至りません。④以外の商品は若者が集まる別のフリマかメルカリで売ったほうがいいかもしれません。

④は売れないのでセット売りにするとかおまけであげちゃうとか工夫が必要です。

⑤は先ほど言った通り。高い理由と商品の長所短所をきちんと説明しました。

 

S/Mの婦人服が売れた理由

使い勝手のいいシンプルなスカート。売れなかったのでメルカリへ

Lサイズ以上の人が多いフリマで、S〜Mサイズが売れたのはなぜか。これは事前の宣伝効果だと思っています。

【SNSでお知らせ】 フリマの2〜3日前からリアルアカウントのSNSで宣伝をしたのです。『O月O日、西原町の西原マリンパークでフリマをやります。みんな来てねー♥』というふうに。

出品予定のおしゃれな服の画像も何点か添付して投稿しました。

インプレッションを確認する前にその投稿は消してしまいましたが、これまで見ることが少なかったS/Mサイズの若者が来たことを考えると、もしかしたら効果があったのかもしれません。

フリマ終了後に思ったのですが「インスタ見たと言ったら2点以上で500円引き!」とか書いとけば効果がはっきりとわかったなと。実際ジモティアプリで同じようなことやってる人がいましたね。

個人でのフリマ出店もSNSで事前周知が功を奏する時代になったのかもしれませんね。

 

【商品のタグ】 800円以上のものは小さめにして文字を細くし、いかにも高級感漂うようにしてみました。笑 これが効果あったかは不明です。

「これなら買ってもいいかな」と思わせるタグにする

 

【オシャレな販売員になる】 そして私の服装も「見た目いかにもオシャレ&親しみやすい人」っぽくして、若者の目に止まるようにしてみました。

髪型も普段と違う感じにしてみたのですが、残念ながら当日の強風で一瞬でボサボサに…。

こういったことが今まで売れなかったS/Mの婦人服の販売につながったのではないかなと思っています。エビデンスはないんですけどね。

*尚、婦人服は今回40点ほど出して売れたのが10点ほど。前回までは2〜3点売れればいい方だったので今回は売れたもの・売れなかったもの両方に入っています

 

まとめ

さてさて今回の西原フリマの成功をまとめると

・季節モノのニーズと時期がマッチした
・高いものを確実に売った
・コミュニケーションをしっかり取った
・SNSで事前に周知していた

ということになります。安いものを売るのはラクなんですよね、必要以上に値切られることは少ないし。でもそれだと大量に売らないといけないのでフリマだと接客で疲れちゃいます。

 

学んだこと

今回の一番の学びは「高いものでもニーズがあれば売れる」ということ。

ビジネスをやっている人には常識かもしれませんが、私はこの歳になって身をもって実感しました。

大げさですが今後の人生において重要なヒントをようやく掴んだような気がします(遅い)
いい体験でしたね。

フリマは蚤の市という意味ですが、安いものを出せば黙っていても売れるワケではないというのは出店した人ならよくわかっているはず。

ニーズがどこにあるのか?考えて売る事も大事だなと思ったし、そもそも購入する時点で「これは中古でも売れるのか?」と考えてから買うことも大事だなと改めて思いました。

 

以上、2018年最後のフリマレポートでした。ご来店いただいた皆様、ありがとうございました。

あなたもフリマ、楽しんでくださいね (◍•ᴗ•◍)♪

ABOUT ME
アラキ
沖縄で気楽に生きてるアラフォー女性。アラキはペンネーム、生粋の沖縄県民です。 このブログは雑記ブログでヨガやジムの体験記、日々の所感をコラムとして書いています。iPhoneで撮った写真を販売してるのでよかったらのぞいてみてください。メニュー>写真販売から見られます。2019年こそは電子書籍出版したい。