フィットネス

久々のお風呂でのぼせて意識が飛んで倒れそうになった話

何年振りかにお風呂に浸かったら、のぼせてしまって意識が飛んだ話です。

湯船や温泉に浸かることが少ない沖縄の人には参考になると思います。

のぼせるって怖い

ルネサンス・ライカム 24のお風呂に浸かって、のぼせてしまいました。お風呂や温泉って気持ちいいんですけど、のぼせて倒れてしまったら台無しですよね。慣れてない人は特に、入る前に水分補給をしてください。

というのも私、お風呂に浸かるのが何年ぶりかだったので「のぼせる」という概念を失念していました。

のぼせたら危ないというのは昔聞いたことがありますが、まさかこんなに怖いことだったとは…。

右:サウナに入るときはこの丸いやつをお尻の下に敷きます。使用後は洗ってね

その日はサウナ→水風呂→お風呂→水風呂→お風呂で合計30分くらいでしたが、最後にお風呂から勢いよく出たら立ちくらみしてしまって足がガクガク、手足がしびれ、意識が朦朧としてなんと幻覚まで見てしまったのです。多分ほんの数十秒ほどだったと思います。

立ちながら半分失神した状態だったんですね。スパの固い床の上で倒れなくて本当によかったです。

水風呂は17度。冷たくて腰までしか入れなかった ^^;

ふらつきながら、なんとかロッカーまで行って椅子に座り、頭のくらくらが収まったら震える手でロッカーの鍵を開け水を飲もうと水筒を取り出し…しかし水が残り少なくてちょっとしかありません。スパに入る前に水を補充しておけばよかったと思いました。

ここまで一苦労でしたが、たぶん5分くらいだったと思います。長く感じました。

ロッカーが遠かった…

その後、着替えることができずにバスタオルを巻いたまま椅子に座って目を閉じて休んでいました。しばらくすると意識がしっかりしてきたので着替えて、髪を乾かして廊下へ出て、水素水(有料)を補充。

まだ手足のしびれが少し残っていましたね。ラウンジの椅子に座って10分くらいかけて水を飲み、ようやく痺れが取れてきました。

それでもいつものようには動けません。おまけに外は寒いのでヒートショックになりそう…。素早く車内に入ってまた水を飲み、運転しても大丈夫だと思えるまでじっとしていました。

 

というわけで

お風呂に入る前は水分補給をしましょう

久々のお風呂でのぼせてしまったわけです。

怖かったですね。

沖縄の人は湯船に浸かる習慣があまりないですよね。ルネサンスのような大きなお風呂にテンション上がって私みたいについ長湯しちゃうと思いますが、のぼせには気をつけてくださいね

のぼせないために気をつけることはこちらのサイトを参考にしてみてください。

のぼせないためにお風呂に浸かる前は
水を飲む
・水筒に水を補給しておく
・サウナに入るなら水筒を持っていく
長湯しすぎない
・お湯に首まで浸からない(バストから上は出す)
・お湯から出るときはゆっくり出る
・出たあとは水を飲む

のぼせてしまったら
動かずに安静にする
水を飲む
・目を瞑って休む
・助けを求める

 

助けがくるとは限らない

私がスパの中でのぼせて立ちくらみをしたとき、周りに人はたくさんいたんですが誰も助けてくれなかったんですよね。みんなお風呂に夢中で人のことを心配する余裕はないみたいです。まさかお風呂で立ちくらみする人がいるとは思ってないみたいです。

だから、お風呂でのぼせても誰も助けてくれない可能性もあります。スタッフさんも近くにはいないし、いても若い方なので対処法がわからないかもしれません。

のぼせて倒れてからでは遅いので、のぼせないようにするのが大事なんですね。お風呂に浸かり慣れていないので、のぼせるってこんなに怖いことなんだなと初めて知りました。

スパやお風呂を楽しむためにも、入る前に十分に水分補給をしてから入りましょう。

ABOUT ME
アラキ
沖縄で気楽に生きてるアラフォー女性。アラキはペンネーム、生粋の沖縄県民です。 このブログは雑記ブログでヨガやジムの体験記、日々の所感をコラムとして書いています。iPhoneで撮った写真を販売してるのでよかったらのぞいてみてください。メニュー>写真販売から見られます。2019年こそは電子書籍出版したい。